FC2ブログ

ちびサキdeあてどなく。

ちびなカワサキバイク:KSR110とともに止め処なく気の向いたときにウダウダと綴っていきます。ニンニンもねw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グローブを新調

すっかり夏めいてきました。
現在使用中のグローブが蒸れるので、
涼しげなメッシュグローブを物色しに岡山に向かいました。

白い雲と蒼い空を眺めているとただ買い物では勿体ないと、
岡山市街地のすぐ北にある金山に登ってみる。
0607300028.jpg

国道53の金山口交差点から県道386を登っていきます。
高度が上がると思ったより涼しいことにちょっとびっくり。
0607300003.jpg

免許センターも一望できます。
0607300001.jpg

金山頂上付近には、閉鎖された金山休暇村が
0607300008.jpg

放置されて寂れた雰囲気がなんとも...
0607300007.jpg

標高499.5mだけあって、眺めはなかなか。
0607300006.jpg

そのまま、結構なワインディングの県道386を進んで
標高340.1mの笠井山へ
0607300010.jpg

笠井山公園展望台に到着。
0607300022.jpg

展望台に登ると
0607300020.jpg

岡山市街を一望できます。
0607300019b.jpg

ガスさえかかってなければ、児島湾や金甲山も見えるようです。
あと、桃太郎祭りの花火みるにもいいかも。
0607300014.jpg

市街地近くでもまだ行ったこと無いトコ多いな。
地図とニラッメコしてもっといろいろ行ってみよっと。
0607300025.jpg


で、こちらが本日の獲物
GOLDWIN
マルチプライフィットグローブハード GSM6605

0607300000.jpg

さすが、今まではめていたグローブと比べて通気性抜群です。
さらに掌のアンチバイブレーションフォーム!
思ったよりハンドルからの振動を軽減出来るようでいいカンジ。

これで8月も快適なツーリングが出来そうです。

スポンサーサイト

ぶら?り鏡野町。

梅雨明け間近の晴れた29日。
先週、遠乗りしてない、換装したフロントフェンダーの具合も見たい。
と言うことで相も変わらず「涼」を求めて北へ。
本日は鏡野町方面をぶら?りすることに。

お馴染みの国道429を北上。
途中、吉備中央町の「岩倉公園」に。
道沿いの看板はよく見てたんだけど登ったこと無かったんで寄ってみました。
0607290021.jpg

岩倉団地を抜けると綺麗に整備された駐車場がありました。
0607290010.jpg

階段の上には岡山県の中心地を示したモニュメントが。
0607290012.jpg

さらに登っていくと
0607290013.jpg

展望台が見えてきました。
0607290015.jpg

360°吉備高原の山並みを一望できます。
ただ、折角整備された公園なのに本日はだ?れもいませんでした。
近くの円城道の駅は良く人がいるのに...たまたまかな?
0607290017.jpg


公園を降りて再び国道429へ
県道70→国道179と繋ぎ、今度は「男女山公園」
0607290023.jpg

これまた国道を通っていると山の上に蜂の巣状の風車が、
いつも目に留まる所です。
さっきの岩倉公園と違って、ご家族連れの方が4組ほど遊んでいらっしゃいました。
園内には、恐竜の像や大きなのローラー滑り台があって
お子様ずれにはもってこいのようです。
0607290024.jpg


子供達に「変なオッちゃんが来た!」という目で見られ始めたので
そそくさと降りることに。
そして国道179雪井山トンネル手前から奥津湖畔を周る。
0607290025.jpg

0607290026.jpg

浮島橋
0607290030.jpg

浮島、その名の通り、奥津湖に浮かぶ唯一の島
白い吊り橋が綺麗でした。
0607290027.jpg

島には遊歩道が整備されて散策することが出来ます。
橋も遊歩道なのでバイクで渡ることは出来ません。
コレといって見所はないですが、のんびりと湖を眺めるには良い場所です。
室町時代には城跡があったとか。
0607290029.jpg

苫田大橋
この角度ではよく見えませんが、V字型の橋脚をしています。
天気の良い日に湖面に映るとX字型に見えて評判とのことです。
0607290032.jpg

ぐるっと回って苫田ダム堰堤に
0607290033.jpg

0607290034.jpg

0607290035.jpg

ちょうど放流中の堰堤際から、ちびサキと共に1枚
0607290038.jpg

ふと横を見ると、カマキリ君も放水を涼しげに眺めていました。
のぞき込むと「なんか文句あるんか?!」って具合にメンチきられました(笑)。
0607290036.jpg

反対側の展望台からもう一枚。
満水になって常用洪水吐の容量を超えると
ラビリンス型自由越流頂の堰からも放流になります。
見てみたいものですが、150年に一度の大雨でしか見れないそうです。
広報が生きてる内には無理っぽい。
0607290039.jpg

堰堤を通過して進むと、苫田鞍部ダムが見えてきます。
増水したときにメインのダムより低い山の間から流れ出さないように
建設されたダムということですが、
現在の水位では全然届いてないので、あんまり意味の無いような。
0607290040.jpg

湖の上流には、昔の名残の道も見えます。
「苫田ダム問題」、岡山県民ならどれだけこの言葉を耳にしたことか。
旧苫田村の多くの世帯がこの湖の底に眠っていると思うと少し複雑です
0607290041.jpg


奥津湖をあとにして、吉井川沿いに奥津渓へ、
0607290042.jpg

0607290044.jpg

甌穴で有名な渓谷
紅葉シーズンもいいですが、緑のシーズンもまた別の良さがあります。
「涼」を得るにはいいところです。
0607290046.jpg

上流からは家族連れのBBQの香りが漂ってきました。
ちょうどお昼だし、コンビニで買っておいたパンと缶コーヒーで休憩がてら軽い昼食。
一段落して腹も体も落ち着いたので、国道179→国道482から北に入って
一気に旧上斎原村の岩井滝までバイクを走らせます。
0607290048.jpg

さすがにバイクで横付けとはいかないので、ここからは歩き。
0607290049.jpg

杉林の中をテクテクと登っていきます。
0607290051.jpg

途中には全国名水100選の1つ「名水岩井」
美と健康・子宝に恵まれる水ということで、
他の観光客はみなポリタンクを持っていました。
0607290068.jpg

さらに100mほど沢沿いに登ると
0607290053.jpg

滝らしきものが見えてきました。
0607290056.jpg

近づくにつれ、涼しげな水を含んだ風を体に感じます。
登ってかいた汗がスゥーと引いていきました。
岩井滝、別名「裏見の滝」
0607290061.jpg

ご覧の通り、裏側回り込める県内でも数少ない滝です。
裏には不動明王も祀られていました。
0607290064.jpg

やっぱり滝っていいですねぇ?。
0607290065.jpg


十分涼しんだ後、恩原高原方面に

恩原高原スキー場 パノラマゲレンデ
0607290070.jpg

恩原高原スキー場 ファミリーゲレンデ
0607290072.jpg

雪のシーズンは良く来るんですが、
やっぱり雪がないとイメージが全然ちがいますね。
いつも滑ってる下に、パットゴルフのコースがあるなんて...
0607290074.jpg

高原と言うだけあって道沿いの白樺とかがいい感じ?。
0607290077.jpg

雨も少し降って来ましたが、お構いなしです。
調子に乗って渡らなくてもいい橋(先は行き止まり)で写真撮ったり...。
0607290078.jpg

0607290079.jpg


もういい時間なのに、さらに調子に乗りついでに、県立森林公園方面に舵をとる。
0607290082.jpg

途中からの眺め、もう少し晴れてたら良かったのに。
0607290083.jpg

森林公園の区域に入りました。
0607290086.jpg

公園入り口
さすがに、バイクを置いてゆっくり園内を散策する余裕はありませんでした。
また次回があれば、リポートしましょう。
0607290087.jpg

森林公園を抜けた、泉源付近の緑も負けず良い雰囲気
0607290089.jpg

最後に国道179に降りて、アンパンマンと記念撮影して帰路につきました。
0607290090.jpg


ふと気づくと、「滝」と「ダム」ばかりのブログになっているような。
我ながら「滝」好きの「ダム」好きです。
そう言えば、ガ○ダムとかも好きだしな?...(笑)。

フロントフェンダー交換

チョロQの様に短くデフォルメされたKSRのフロントフェンダー
これはコレで割と気に入っているのですが、
雨天走行時、正面から噴水よろしく水を跳ね上げて、体もフロント部分も泥だらけ。
晴天だからと油断していても、湿気の多いトンネルを抜けたら泥だらけ。
要するに、フェンダーとしてほぼ機能していません。
この梅雨時期に嫌と言うほど体感しました。
他のKSR乗りの方々も換えられている様なので右にならって交換することに。
0607230002.jpg

選んだのは「デイトナ製 DGPユーロフロントフェンダー(グリーン)」
0607230003.jpg

KLX110のフェンダーで良かったんですけど、
ちょっとモタードチックな外観に惹かれてしまいました。
純正と比べるとこんな感じ
0607230004.jpg

ただそのままでは、不都合も多いので少々加工。
まずは、エンジンヘッドに干渉する後ろの部分。
目印の線を引き、ベビーサンダーでカット、カッターとヤスリで仕上げ。
0607230007.jpg

0607230008.jpg

次に取り付け孔加工
汎用タイプなので孔がまだ開いてません。
□60×35mmの間隔で印を付け、木工用の10mmドリルで一気に孔開け。
0607230011.jpg

0607230013.jpg

純正の座金を付けてこんな感じ。
後はバイク本体に取り付けるだけなので簡単です。
0607230014.jpg


換装前
0607230001.jpg

換装後
0607230015.jpg

バランス的にはこんなになりました。
0607230017.jpg

ちょっと大きすぎる気もしますが、まあ良しとしましょう。
さて、今週の雨上がりくらいに、テスト走行でもしてみますか。

梅雨明け遠いですね。

この間の日曜から雨続きの日々でしたが、今日は久々の晴れ予報。
KAIRYOUPAPAからも「本日はブログネタに何処いってんの?」
なんてメールも入ってきます。
しかしながら、先週のキャンプで雨の中、
テントもタープもグルグルに畳んで持って帰ったもんですから
当然、湿気たままな訳で...
あれから一週間、雨ばかりで干せても無い訳で...
おとなしく友人宅にてキャンプ道具のお片付けです。

泥を落として、干して、畳んで
久々に高い気温と湿度に大量の汗をかきながら、
終わったら13時を回っていました。

一休みした後、折角の晴れ間にじっとしているのも勿体ないので
オイル交換をして、コマジェで出かけていたKAIRYOUPAPAとルート30で合流。
買い物を終え、渋川の海岸線を流すことに
0607220002.jpg

途中から王子が岳へ
学生時代以来(15年前?)だったので少し新鮮な感じ。
0607220001.jpg

王子が岳 桜公園
0607220004.jpg

王子が岳レストハウス屋上からの眺め
霞がなければ、瀬戸大橋が見えるんですが...
0607220005.jpg

屋上から降りてくると
止まっていた車のとの色合いが良かったので何となく一枚
0607220008.jpg

奥に見えるのが王子が岳パークセンター
0607220010.jpg

これまた、ガスって海と空の境も解りません。
天気が良ければ四国も見えるのですが。
0607220011.jpg

雲行きも怪しくなってきたので、
パークセンターをゆっくり散策することもなくすぐに帰路に。
今度、晴天で眺めの良い日にでも改めて来てみよっと。
近場過ぎてご無沙汰になっている他のスポットも再度走ってみると面白そうです。
ロングツー行けないときなんかにちょくちょく回ってみようかな。

最後は、KAIRYOUPAPA宅にお邪魔して、ST3共々記念撮影
の信号機トリオ!ここに集結!!
0607220014.jpg

あと青色と桃色さえいれば...
ゴレンジャーになりたかったです。

キャンプに行ったんだけどね。

今日から3連休。
今回はKSRではなく、四輪(SUBARU Dias)に友人二人と
キャンプ道具一式をを詰め込んでキャンプに。

毎年7月か8月に蒜山、大山辺りに出かけているのですが、今年は珍しく広島。
場所は、 「ひろしま県民の森」
0607150004.jpg
比婆山の中腹、標高約800mほどに位置するキャンプ場です。
すぐ側にある公園センターにはレストラン、イベントホール、売店の他、
宿泊施設などがあり、日帰り入浴もOKです。

第一キャンプサイト
天候の関係もあってか、サイトは空いていて他4組ほどだけ。
0607160012.jpg

キャプサイトの横を流れる小川。
0607160017.jpg

駐車場の水源の滝
0607150005.jpg

車の横付けOKだったので、そのまま乗り入れて設営。
0607160013.jpg

しばらくのんびり森林浴を楽しんだ後、夕食です。
不覚にもダッチオーヴンを積み忘れたために、
お決まりのカレーとBBQのみだったんですが、
日常から切り離され、開放的な空間で食べるとワンランク上の味に思えます。
ぶっちゃけ、キュウリやトマトに塩かけて食べるだけでも「旨味?!」です。
人はそれを?キャンプマジック?と呼びます。

その後、腹もふくれて、公園センターで入浴、料金は400円とリーズナブル。
露天風呂が無いのは残念でしたが、貸し切り状態でゆっくり浸かれました。

満腹で、風呂に入れば眠くなるのは道理。
周りのファミリーやカップルが談笑してる中、早々と就寝したのですが、
23時ごろ、ふと目が覚めて目が冴えて眠れません。
辺りを散歩すると光が漂っています。どうやらホタルのようです。
しかもこのイルミネーションのようにチカチカの点灯はヒメボタル。
数はあまりいませんでしたが、ちょっと得した気分。


翌日起きると、完全に雨。
シトシトとテントの上で音をたてています。
のそりと起きあがってヤカンに火をかける。
こんな中で飲むモーニングコーシーも中々オツなものです。

外に目をやると小雨の中、登山客が数名登っていきました。
好きなことをヤルのに天気なんか関係ないんだなぁ?とふと思ってみたり。

朝食後、止むことを期待してしばらく傘を差して雨の森林を散策していましたが、
一向に止む気配がありません。
それどころか、雨脚も風も強くなりタープもひっくり返ってしまうほどに。
仕方なく、昼前には濡れた服やテントもそのままに撤収。

帰り道にはさらに凄まじいスコールに。
あまりの豪雨で前が見えなくなるほどです。
そんな中、ポツリと友人がつぶやきました

「車って偉大やなぁ?」
「こんだけ雨降っても濡れへんし」
「冷暖房完備で、TV・ラジオ・音楽も鑑賞出来るんで!」

「おまけに、走るんやで!!」

...

宝くじでも当たったらキャンピングカー欲しなぁ?。

布滝を見に行こう!

台風3号の影響もなく、何とか晴れた日曜日。
いつものようにちびサキを走らせます。
取りあえず目的地も決めず、「涼」を求めて北へ
先週は、大山方面に向かったこともあり、津山方面に進路を向けます。

国道429を北上、旭川湖に架かる江与味橋付近で、
バス釣りを見学しつつ、地図を広げます。
0607090001.jpg

津山付近を眺めていると、行ってみたかった滝があるのを思い出しました。

「布滝」

津山市(阿波村)の県境に位置する滝です。
ちなみに「のんだき」と読みます。
広報は、はじめ「ぬのだき」と思ってました。読めないよね?「布=のん」って...

目的地も出来たので早速行動開始。国道53に出て津山市街を抜け、県道6へ
車どおりも少なく、快適にとばしていると
加茂町浄化センター付近で滝っぽい公園を見つけたのでパシャリ!
0607090002.jpg

県道118を加茂川沿いに走り、阿波村に突入
一之渡道路公園付近
0607090003.jpg

そのまま道を進めていると、水車のある建物が目に付きました。
「あなみ」 囲炉裏料理の店
0607090004.jpg

同じ建物内にある食品会社が経営していて、豆腐や味噌などは全て自家製。
いろりを囲んで地元で取れた山菜や川魚などを頂くことができるらしい。
入ろうかと思ったんですが、本日の予算的にボツだったので断念。
直ぐ横には阿波温泉やすらぎの館もありました。
のんびり遊びに来たときにはこの辺で過ごすのも良さそう。

大高下ふるさとふれあい館を過ぎ、落合川沿いに右に曲がると
落合川森林公園が見えてきます。
綺麗な管理渓流釣り場やバーベキュー施設も整っていて
友達や家族とレジャーに来るのもいいですね。
釣りたてのヤマメやニジマスに串をさして塩焼きでガブリ...
いかん、よだれが出てきた。
0607090005.jpg

0607090024.jpg

森林公園を抜け、林道落合線を登ります。
0607090006.jpg

林道といってもしっかり舗装されているので難なく進みます。
0607090007.jpg

しばらく進むと綺麗な案内板が見えてきました。
0607090008.jpg

0607090009.jpg

ここからは歩きです。
0607090010.jpg

昔はこんな近くに駐車場はなく、
1.5kmほど渓谷沿いの遊歩道を歩いて登ったそうですが、
現在は150mほど歩くだけで見えてきました。
0607090013.jpg

凸凹した岩に当たりながら落ちていく水がその名のとおり布のようで、
周りの緑と直上から注ぐ日の光と相まって素晴らしい光景でした。

しばらくの間、ぼぉ?と眺めて楽しんだ後、
林道を降りて大高下ふるさと村付近をうろつて大ヶ山へ

大ヶ山スキー場
オフシーズンは牛を放牧しているようで、
道脇の牛さんと道上の牛さんボタモチににビクビクしながらココまで登ってきました。
高原的な景色がグッド。
欲を言えば、もう少し草が新緑の季節ならもっと綺麗だったかな。
0607090025.jpg

そのまま、大ヶ山スカイ愛ランド
0607090041.jpg

大ヶ山は標高989.8m
登っていくとちょうど雲との境界が
0607090033.jpg

アマチュア無線基地
0607090035.jpg

頂上付近はすっかりガスってます。
0607090040.jpg

パラグライダー発信基地付近
0607090036.jpg

折角の展望もガスのため今ひとつでした。
残念...
0607090038.jpg


美作北林道を倉見方面に下って行きます。
0607090043.jpg

0607090044.jpg

下りきって、北上すると
0607090048.jpg

倉見温泉「渓谷荘」が見えてきました。
渓谷沿いの秘湯的な雰囲気の温泉です。
神戸や福山から来たお客さんの車が止まっていました。
0607090051.jpg

折角ですので、ひとっ風呂浴びることに。
0607090050.jpg

0607090049.jpg

本当なら渓谷がすぐ横に見える露天風呂に入りたかったのですが、
ちょうど貸し切りになっていました。無念。

その後、風呂から上がって、さらに北上し、
そのまま恩原高原に抜けようかと思ったのですが、
あいにく工事中のため津山方面に引き返し、県道336に
0607090052.jpg

0607090053.jpg

黒木キャンプ場
0607090054.jpg

0607090055.jpg

黒木ダム
0607090056.jpg

0607090057.jpg

0607090058.jpg

ダム降りてしばらく走ると、急に蒸し暑くなってきました。
さっきまでが嘘のようです。
キャンプ場のダムも思ったより標高の高いところにあったようです。
そして県道6に戻り国道53に戻る手前で津山広域農道(作州街道)を西に
車が多く混雑する国道53をパスして
国道181→県道411→国道313と繋ぎます。

途中、面白い看板が目に入ったのでパシャリ
0607090061.jpg

がきデカ?なんか歌舞伎はいってるし...
0607090062.jpg


道の駅「醍醐の里」で休憩
干しピオーネ入りメロンパンとダイドーデミタスコーヒーで一休み。
0607090064.jpg

栄養補給と休息で少し余裕がでたのか、
通ったことのない県道322で山越えを試みる。
光の届かない杉林の道は苔が生えて滑って危険でしたが
0607090069.jpg

ダメなら引き返せばいいさと、どんどん奥に続いて行きます。
0607090070.jpg

2カ所あった分岐に不安を覚えつつも、なんとか一発で無事クリアー

ちょうど常山公園の下に出てきたのでちょっと見学
0607090071.jpg

常山城跡
0607090072.jpg

風の舞台石の風車
0607090073.jpg

0607090075.jpg


公園で行っていたBBQの香りに後ろ髪引かれながら、
県道49→県道78→県道57へ
綺麗なアジサイが咲いていました。
0607090076.jpg

0607090077.jpg


岡山自動車道 見延橋
建設当時は日本一高い橋脚として有名になりました。
すぐ抜かれちゃいましたけど。
0607090078.jpg

すこし上からの眺め
0607090081.jpg


帰宅寸前、夕焼けが綺麗だったので最後の一枚
0607090083.jpg


本日もよく走りました。
一人の時は無計画に思いつきでハンドルを切るので中々帰ってこれません。
たまには、しっかりとしたツーリング計画を立てて走ってみたいものですが
このブログのタイトル的には無計画が正解かな?

ブロスクラブに行こう!

本日は中四国ブロスクラブの開催日。
早朝は激しい雨が降っていたため、やめようかと悩んでいましたが、
9時頃から雨脚が衰えてきたことと、
友人のあわさんからお誘いを受けていたこともあり、参加することに。

場所は、鳥取の「エバーランド奥大山」
もちろんKSRは高速には乗れないため、
ひたすらホームコースの国道180号線を北上します。

開催時間が12:00?のため
ノンビリネタ写真を撮りながら走ることは出来ないのですが...

千屋ダムでの放水が綺麗だったので1枚
0607020001.jpg

明地トンネルを抜けたところで青空が見えてきたので1枚
雲がなければ大山が見えるところです。
0607020002.jpg

国道181→国道482と繋ぎ南大山大橋へ
なんかまた雲行きが怪しく
0607020003.jpg

県道315→県道45へ入ると
上の方は霧に包まれていました。
0607020005.jpg

で、取りあえず12:15には「エバーランド奥大山」に到着
周りには3台のバイクが止まっているだけ
0607020007.jpg

あれ?と思いつつ周りを見渡すと
0607020006.jpg

一段上の駐車場にバイクブロス発見
0607020014.jpg

10台ほどのバイクが受け付けを開始していました。
右に二人のブロギャルも発見。この天候で少し寒そうです。
0607020009.jpg

あわさんとも無事あえて2台並べて
0607020012.jpg

小雨がちらつく中、撮影を開始。
綺麗なおねーさんがいるとやはり華やかで良いです。
0607020016.jpg

ということで、広報もKSRと共に、オオカミならぬ虎になっちゃいます。
0607020011a.jpg

最後にバイクを並べての集合写真。
雨模様ということもあり、集まったのは23?25台ほど
0607020017.jpg

桃色ナンバーは、あわさんと広報だけ、やはりKSRは一際小さいですね。
0607020018.jpg

撮影も無事終わり、雨脚も強くなってきたので
名残惜しくもサッサと解散です。



あわさんに別れを告げたあと、
雨が降ってきたといっても、遙々ここまでやって来たのですから
まっ直ぐには帰れません。

取りあえず合羽を着て鏡ヶ成へ
0607020019.jpg

鬼女台まで来て、雨・霧とも酷くなってきたのでしばし雨宿り
0607020021.jpg

0607020024.jpg

「鬼女台=きめんだい」と読みます。
看板に「昭和37年に岡山国体の登山コースの下調べに訪れた際、上蒜山から西側眼下を見下ろすと、二つの小高い丘が女性の胸部を想起させたためここを鬼女台と名付ける」と書いてありましたが、それでなんで鬼女なん?
だったら素直に「おっ○い台」でいいじゃん(笑)。
鬼の女なんて酷いよね。
0607020023.jpg

晴天なら大山や蒜山を一望できますが、残念ながらこの風景。
かすかに蒜山高原が見えるかな?
0607020020.jpg


しばらく、鬼女台で雲が晴れないか待ちましたが、
一向に良くなる気配がないのであきらめて蒜山まで降りると...

道路は乾いていて、雨降ってないんですよ。
写真は上蒜山なんですけど、
ちょうど鬼女台くらいの高さから上は何処も雲がかかっていました。
0607020026.jpg

休暇村蒜山高原で一休みして蒜山高原線を抜けます。
整えられた綺麗な道です。
0607020027.jpg

道の駅「風の家」で遅めの昼食を取ることに。
0607020029.jpg

0607020031.jpg

「風の家ラーメン」
蒜山名物のジャージー牛と蒜山大根がのったラーメンです。
豚骨醤油味ですが、大根おろしでかなりあっさりしていました。
0607020028.jpg



そして15時前になったので、そろそろ帰ることに

国道482から広域農道を経由し、
県道113号上徳山俣野江府線沿いの猿飛湖沿いを抜け、国道181に
わりと走って気持ちの良い道でした。
0607020032.jpg

0607020033.jpg

俣野川ダム
0607020037.jpg

0607020038.jpg

後は、来た道を逆走して帰っていたのですが
明地トンネルを抜けると日差しも強く、一気に気温も上昇してきました。
脱ぐのが面倒だったので合羽を着たまま走っていましたが
いぶきの里とアルカディアスキー場のところでバイクを止めて脱皮。
0607020040.jpg


その後、天気も良くなったのでいろいろ道草

朝、下から放水を見た千屋ダム
小さな観光バスが1台止まって、ダム見学の方々がいらっしゃいました。
0607020043.jpg

0607020044.jpg

0607020045.jpg


井倉洞付近まで戻ると、
行きがけには気づかなかったのですが、鍾乳洞出口付近の滝が
エライ勢いで流れ出てました。
0607020049.jpg

反対側から
0607020046.jpg

水が流れてるとか落ちていると言うより飛んでる感じ。
0607020047.jpg

「絹掛けの滝」もこのとおり
もう絹が掛った様な水量ではありません。
0607020050.jpg


ここのところの雨で水量も増えているのでしょう。
道中、道路の至る所も通行止めや片側交互通行になっていました。
早いトコ梅雨も終わって欲しいところです。

そんな中、本日は何とか奥大山まで走れてラッキーな1日だったかな。

さて、あわさんにお会いしたときに
10/21(土),22(日)に開催される
「4th 大山ツーリストトロフィー」なるものに誘っていただきました。
あわさんは、こちらの運営のお手伝いをされているとのことです。
面白そうなので参加してみようかなぁ?。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。